いいんちょによる楽しい飛行機講座♪
エアバスA300

アメリカのボーイング社に対抗して、ヨーロッパ諸国で作り上げた会社がエアバス・インダストリーだ。
日本では、日本航空ジャパン〜旧・日本エアシステム(当時は東亜国内航空)が購入した。
欧州諸国は300席クラスの旅客機を開発しようとしていたため、A300の「300」という数字はここからきたと言われる。
全幅44.84m、全長53.62m、全高16.53m。
最大で345席の座席を設けることができる。
引退が確実に進んでいる機体で、日本航空と日本エアシステムが統合された後も、新塗装となっていない。
日本ではもう残り少ない、パイロットを3名必要とする飛行機である。(通常は2名で運航する)





前のページへ戻る