いいんちょによる楽しい飛行機講座♪
エアバスA321

A320の機体を、主翼前方で4.27メートル、主翼後方で2.67メートル延長した機体。
機内の基本的な装備は、A320と全く変わらない。
専門的な話になると、機体重量が増加するため、離着陸性能を維持するために、後縁フラップは二重隙間型となった。
機体全長が長くなり座席数が増えたことにより、ドアの枚数を1枚増やした(A320と比べて)。
全幅34.09m、全長44.51m、全高11.76m。
最大で200席の座席を設けることができる。
全日空系の会社の機材、コミューター路線の機材として、今後も主力として活躍していく機体であろう。





前のページへ戻る