いいんちょによる楽しい飛行機講座♪
ボーイングB767−300

日本の空での初飛行は、1986年10月20日。
その日からまもなく20年経とうとしている、日本の空でおなじみのジェット機である。
全幅47.57m、全長54.94m、全高15.85m。
最大で290席の座席数を確保できる。
機内では、横に2−3−2列の座席配置が一般的(エコノミークラス)。
つまり、窓側か通路側になる人は、6人/7人中となり、大変乗客に評判がよい。
両側の乗客に挟まれる席(「ミドルマン席」という)が少ないことを、ボーイング側も売りにしてきた。
世界中で愛され続けている機体の一つである。





前のページへ戻る